ヤマオの反乱

(12月13日記)

それは12月3日の出来事じゃった。
週に一度の楽しい打ち合わせのはずじゃった。
が、ヤマオが反乱をおこしたのじゃ。

もう、すんげーショック!!
ずっと前から 我が家の外観がどうも納得行かず 夫婦であーでもねえ、こーでもねえ、と
会話は繰り返されていた。
が、ワタシは 間取りに充分満足していたし、まあ、なんとか工夫すれば 外観も気に入るようになるだろう、と思っていた。
ところがヤマオは これまでの全てをひっくり返すような発言をしたのである。

「わたしの解釈とそちらの解釈が違う。」と。

えーっと、これって小説の感想文の話でしたっけ???
いやいや、ヤマオは三井のスパニッシュを建てるにあたって、オレがやりたいのは以前の「クラシコタイプ」じゃなくって「フレスコタイプ」じゃあ!!と。
それは ワタシも同意することろで 何がどうだかというと、裏から見たときの「ドーーーーン」と一発建ちあがった 不動のおおらかさ、というか、前から見たときの 一連になる囲いというか、
もう、どういったらいいのやら わけわかめなんだけども
とにかく えーっと、えーっと、だからー、もごもご、とまあ、そういうことなんだ。

むずかしい。

我が家の場合、1階と2階の床面積の差が大きいので どうしても 総二階的なシンプルな形になりにくいことは 以前から聞かされていた。(総二階にしたいわけではない。)
うーん、実はワタシもどこか一面は どーんと凹みのない大きな壁にしたかった。
それが裏側(北側)なら希望通り。
というのも、初めて 住宅展示場で フレスコタイプを見たとき、それが三井のだとは知らず、
裏面をみて 気に入ったほど、なにか垢抜けて、素朴で、でも高級感があって、ほんとにステキだったのだ。その裏面が 公園になっていて 緑が多かったのも関係しているが。
残念なことに 間取り上、我が家には 広い壁が大きく続く部分がないのである。

東側玄関部分をフレスコタイプのように 南側から続く水平ラインで囲むか、
それとも 玄関部分は屋根をつけるか、で ずっと迷っているが
何が気にいってないかというと、東部分と北側部分の接点が どうもとってつけたような印象があってそれがどうも 納得いってないのが 今現在なのだ。

で、ヤマオの本心は

「最初から設計やりなおしてくれ。」

だからいったじゃん。Tサン、契約したはいいが このオトコと付き合うと地獄をみるよって。

大体が 3月に仮契約したところと そのまま話が進んでたら この2学期にはもう子どもたちの転校もすんでたのに もう2学期も終わろうとしているのに設計やり直せだと?!
このワタシが絶対許さん。
2人の男を目の前にして 私は13年連れ添ったダンナではなく、営業T氏と仲間になることを心に誓った。

っていうか、なんとかなる範囲なのよ。絶対。
っていうか、三井だから契約したんだから そんなむちゃくちゃなワケワカメな家にはならん”!!

T氏はリビングを吹抜けにすれば 1,2階の床面積がそろって もっとシンプルな形になりますが、といったが 
ワタシは吹抜けは声が響きそうでいやなのだ。猿のような子どもの気配をなるべく感じない家を作りたいのだ。(半分マジ)

あまりのショックに この日、何を話したかあまりよく覚えてない。

で、12月10日の打ち合わせのとき 修正案として 玄関部分の柱の部分を40センチ四方から60センチ四方に大きくして、その分、こちらをはりださせて・・・・・・うんぬん、と提案があったのだ。屋根部分は瓦でなく 水平ラインでの提案。

が、私たちはこの1週間で やっぱり玄関部分は瓦でいこう、と 話し合っていて・・・。

でも、この日の打ち合わせが終わってから ヤマオは「うーん、悩むなあ。やっぱ、瓦より水平ラインのほうが・・・・・。」
決めた、といいつつ、決まってないヤマオ。
怒りより 石原真理子に暴露されたオトコ級にうろたえるワタシ。
ワタシ、なにか悪いことした???
[PR]
by kottaiai | 2006-12-13 14:25 | 打ち合わせ

三井ホームスパニッシュフレスコ風2007年12月入居。1000㎡の敷地を楽園に開拓中!


by kottaiai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30