<   2016年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

庭のアフリカンサファリ

c0096287_13244725.jpeg
カンナ大好き!

パンチの効いた!
存在感のある!
迫力のある!
パワーがある!
そんな植物が大好き!
でも、存在感があっても 皇帝ダリアはどうも納得がいかない。それは違うでしょう、と 皇帝ダリアを見るたびに苦々しい気持ちになる。パンチは効いてないし、パワーも感じない。なにがあってそんなダリアになったのさ、と同情してしまう。皇帝。って。プルシェンコか。
最近、一時期ほど見なくなってホッとしてるのだけど。


c0096287_14000534.jpg

話はいつものようにそれまくってますが、誰しも「こういう感じの植物が好き」ってのがあるはずで。
わたしの場合は 葉っぱがかなり大きな決定率を持つような気がする。花よりも。
模様のキレイな葉っぱが大好き。
ホスタやカンナのような大きな葉っぱ大好き。ニューサイランのような 剣形の葉っぱも大好き。
多肉の肉厚さも大好き。
銅葉も好きだけど 緑、と一言でいってしまうには申し訳ないような色んな葉っぱのグラデーションも楽しみたい。
レースのようなシダ類も好き。
フェイジョアみたいな質感、それに裏表の葉のが色が違うのもおもしろい。

c0096287_14011178.jpg

また、話がそれました。
カンナは 花はそう重要ではなく、花は咲かなくてもいいよ、と思うこともあり。花がらが汚くなるんですよね、カンナは。葉っぱだけで大満足。
昔から畑の隅っことか、道路の脇なんかに 無造作にそれでいて大きな塊でそこにあるカンナ。
ほんと、自立心旺盛な、誰もなにも頼らず生きていく人だと思ってました。水さえいらない、と。

だって、カラッカラの土地に 毎年元気に存在してるんだもん。あちらこちらに。田舎ですから。

c0096287_13312276.jpeg
ところが、我が家の大事なカンナが どうも背の高い老人のようになってきて、まさか?重篤な状態なのでは?!と 慌てて調べたところ。

カンナって水辺の植物だったんですね。全く知りませんでした。
乾燥に耐える 乾燥大好きな人だと思っていたので、これまで 大変なことをし続けてきました。
わざわざ 水はけよく土を改良したり、水やりしなかったり。

オオマイガッ!!

夏は無理だけど、寒くなって枯れてきたら 庭の水はけ悪く、日当たりガンガンの場所へ移植してあげよう。あるのよあるのよ、そういう場所ふんだんに!

改良品種で鉢に植えれるような小さなカンナもたくさんありますが 私は象ぐらいの大きさに育ってくれるのがいいな。

c0096287_14050848.jpg

大きいもの好きという理由?で 先日パンパスグラスも二つ購入しました。2mくらいに育つ。まだ今は10センチくらいだけど。2mになるには2年かかるかな。
最近 ミニパンパスグラス、ってよく出てるのだけど、大きなものは なかなか出会えなかったので 嬉しかったです。キリンくらいに育って欲しいな。

とにかく、空いてるスペースにガツン!とパンチの効いたカバくらいに育ってもらって 草の生える隙間をシャットアウト!
そして、庭3面囲まれたご近所のお宅をグリーンで隠す!笑
塀や樹木を敷地の境界線に作ったり植えたりすることは なかなか勇気がいることで。
そこで アフリカンサファリ的な植物を投入することで 何気に隠す、それが私の野望です。
ちっちゃな苗だったのに、いつの間にかあら!こんなに大きくなっちゃった的な。

近所の方、このブログ見てませんよね?


庭・花壇づくりランキングへ

ご近所の牽制に負けるな!の応援クリックをお願いします~^_^

[PR]
by kottaiai | 2016-07-31 14:20 | GARDENING

恐るべし宇宙の法則

c0096287_10190532.jpeg
ミサトが小さな花を咲かせました。ごめんごめん。早くお家に入って。

同じく赤

c0096287_10212935.jpeg
大人はそんなこと言わないの!

そこである法則が。


☆さ〜家事もひと段落、お茶ても飲もうっと。
オンギャーオンギャー

☆いい雰囲気やだどうしようドキドキ山口くん・・・
ガラッあっゴメンバタン(ドア閉める音)

☆さあ、野点が始まるわ
c0096287_10370184.jpeg
はいムスメ起床!

恐るべし宇宙の法則。
暑いーでも、せっかく移動ガゼボ(旧姓パラソル)手に入れたし、陰作って草取ろう、と始めた2分後の出来事。あーあ。


お風呂からの組み上げポンプで貯めた水で水やり。お風呂の側まで行って、ジョロに入れて、歩いて、撒いて、の繰り返しで1時間。効率的には、とっても悪いんだけど、運動?散歩?と思ってボチボチやってます。
そうやって、気づくこともしばしば。

c0096287_11001172.jpeg
おっ、ジニアプロフュージョン(タキイの種)に蕾がついた!うーん、どうしよう、一回摘芯しようかな、

c0096287_11012873.jpeg
プチっ
とか

c0096287_11035652.jpeg
お!ピンクのジニアにつぼみがついた〜これはうどんこ病になりやすいから、今のうちに消毒したほうがいいな、支柱もしとかんな、とか


c0096287_11561392.jpeg
ウギャー!もう枯れるんかいっ!早っ!とか。

コスモスに支柱しときたいし、カンナの水切れ防止策も考えないかんし。

暑いのに体も頭もフル回転させな、追いつかないどころか、花たちが倒れたり、萎れたり、草に埋もれたり、スリリングな毎日。
花もわたしも倒れない程度にがんばーれ!

励みになります!応援クリックよろしくお願いします!

庭・花壇づくりランキングへ

昨日はスライドザシティ別府に行ってきました。

c0096287_12060486.jpeg
別府公園は木陰がたくさんあって、爽やかに過ごせました。素晴らしいロケーションです。
みなさん!大分県は本当に過ごしやすくて良いところですよ!

[PR]
by kottaiai | 2016-07-30 10:18 | GARDENING
c0096287_22241157.jpeg
ミレット パープルマジェスティー(サカタのタネ)の穂が上がりました!

c0096287_22250484.jpeg
銅葉と見せかけ実は紫。
手触りは、ソファーみたい。笑

c0096287_22262525.jpeg
こんなに背が伸びて存在感抜群!

このミレットパープルマジェスティーは、去年も種まきしたものの、種が大きいから直播きしてしまって、発芽しても、草と見た目が一緒で(今年、ポット蒔きして発芽したのを見てそれが分かった) 多分、草取りで引き抜いてしまったようでした。
やっと、念願かなって、こんなに立派に大きく育ってくれて

とっても嬉しい‼️

c0096287_08070321.jpeg
朝の光では、こんなかんじ。立派だわ。
c0096287_08095471.jpeg
種をとって、来年も咲かせて?立たせて?みよう!



c0096287_11180565.jpeg
昨日の薪は

c0096287_08115731.jpeg
レッドガーデンの縁取りに。カントリーチックになっちゃったけど、1か月も経てばなんにも気にならないはず。
ここの場所が土が硬くて深く掘れなかったので、レイズドベットに。今までは、塀に使ったウリン(手前の黒い板)の残りを枠に使ってたのですが、板ゆえ安定が悪いので、薪に変更。それにしても、ウリンは頑丈ですね。全く変質してない。素晴らしい。重いけど。




ではでは、今日もハバァナイスデイ!

パープルマジェスティーの魅力はお伝えできたでしょうか?!来年はもっとパープルマジェスティーの魅力を引き出す組み合わせを考えたいと思います!クーラーの効いた部屋で!


庭・花壇づくりランキングへ

応援クリックよろしくお願いします!

[PR]
by kottaiai | 2016-07-28 22:23 | GARDENING

久々のお買い物2

久々、という言葉の意味を違えてる気もするが、最近。

ウイッシュリストには ガゼボが上位にきてるのですが、
余談ですが、日本の子どもで、『ガゼボ』という言葉を知ってるのはうちの娘のあと数人だと思う。というくらい、日々どんなにガゼボが欲しいかをつぶやいているのだ、わたしは。

でも、ガゼボは高価。なので、『移動ガゼボ風』を手に入れてみた。これを移動させて、作業場所に日陰を作るのだ!
色はベージュ、グリーン、エンジの3色の中から選んだのは・・・

c0096287_11135287.jpeg
庭の情熱大陸っぷりに加速度プラス。

c0096287_11142684.jpeg
あと、カンナ ブロンズスカーレット

c0096287_11162160.jpeg
パンパスグラスの白とピンク

c0096287_11164756.jpeg
ライオンズイヤーというハーブ

c0096287_11173587.jpeg
夕霧草 今家にあるのと違う葉と花の色

c0096287_10194495.jpg
あと、半額処分になった種。これから撒くんだ。どんだけケイトウ好きなん、って話で。

c0096287_11180565.jpeg
あと薪にする木も。花壇の縁取りに使います。

今日は庭仕事危険警報サイレンがわたしの心の中で鳴り響いてますので、種まきして過ごします。

お買い物、ってほんとに楽しい!
暑い夏は涼しく買い物に限る?!でも、園芸店って暑いんですよね。いやになるくらい!


庭・花壇づくりランキングへ
暑い毎日、遊びに来てくれてありがとうごさいます!
がんばれー!の応援クリックをよろしくお願いします!


[PR]
by kottaiai | 2016-07-28 09:43 | GARDENING
c0096287_09491744.png
農場を長くほうち、って言われても。自分の庭が大変なんですわ、いやほんと。

昨日は切り戻し!と息巻いてたのものの、

c0096287_09513724.jpeg
だって、こんなかわいいダリアみたら、そのまま咲かせたくなるのが人情ってもんで。

c0096287_09523910.jpeg
この暑い中、頑張って咲いてくれてる。ありがとう。

そして、この暑い中!

c0096287_09533399.jpeg
諦めていたアロエに新芽が出てることに気がつきましたっ!
これは、冬に大好きな平田ナーセリーで買って、冬場だから、水やりしなくていいわ、とずっと置きっぱにしていたら、全体が茶色くシナシナになっちゃって。
春に思い切ってバッサリ切ったものの(これを切り戻しというのだ!) なんの変化もなく、すっかり諦めてノーマークでした。
ここまで伸びて気づくわたしもどうよ?と思うけど、この猛暑にこんなみずみずしい新芽を出すアロエもどうよ?違う意味で。

c0096287_09590687.jpeg
秋にビロードのようなムラサキの花穂をつけるサルビアレウカンサ、

c0096287_10005125.jpg
バッサリ切り戻し!しました!わあ、中はスカスカだ。毎年ガンガン大きくなるので、今年はコンパクトに咲かせてみます。


c0096287_10035696.jpg
色味は一緒だけど、柄が違うんだよね、去年はもっと赤がいっぱい。もう一年経ったんだ。
少しは庭仕事、成長してるかな、わたし。


今日も暑いです!夏バテしないようにボチボチいきましょう〜!
励みになります(^○^) 応援クリックよろしくお願いします\(^o^)/




庭・花壇づくりランキングへ
[PR]
by kottaiai | 2016-07-27 09:48 | GARDENING

植物たちの若返り術

わたしは人間なので、暑いと思えば 庭仕事をパスしたり、クーラーの効いた部屋で園芸雑誌を眺めて、来年の夏の庭をイメージして、庭仕事をした気分になったりする、という とっても『都合のいいこと』が出来るのだけど、

c0096287_22092728.jpeg
(その『都合のいいこと』をしてるときに、ソファから見えるケヤキには、セミがワンワン鳴いてて、そのセミを狙ってネコがよくたむろしている)(ドンくさいセミは食されている)

けど!

c0096287_12145062.jpg

かわいい植物たちはっ!
暑さに耐えっ!
もしくはっ!
なんか変な病気にかかったりとかっ!
萎れてたりとかっ!
見るからに不貞腐れて成長することを放棄してたりとかっ!
暑さに負けず 次々と花を咲かせたりとか!
過酷な夏を生きているのですっ!

わたし、夏大っ嫌いだから、花たちがグッタリしたり、咲くのをやめたりしても、わたしは文句は言えないよ・・・

c0096287_12163900.jpg

このムシムシした真夏日に花を咲かせるのは辛かろう、ということで、切り戻しできる花はできる限り 切り戻しをして、9月頃?秋?に備えよう、と作戦を立てました。要は植物たちの若返り作戦です。クーラーの効いた部屋ひとり作戦会議の結果。

ここまで前置き、です。長すぎました、スミマセン。

c0096287_12264613.jpeg
ビフォー

c0096287_12280721.jpeg
アフター
はいはい、そこのあなた!どこが変わったの?なんていいっこなしよ!大人なんだから!
だって、まだきれいに咲いてるの見たら、まだきれいなのはとりあえず咲かせておこう、って思っちゃったんだもん。


c0096287_12294910.jpeg

ダリアの切り戻しは、下4節くらいを残して、なおかつ、ダリアの茎は空洞になっているので、節のすぐ上を切るか、切った茎の上をアルミホイルでカバーして、水分を防ぐ。雨降らないのにそんなの必要か?と思うものの、この際持論は却下。
でも!
下4節なんて、いったら、葉っぱ残らないよ?葉っぱ残さないと、切り戻したら死んじゃうよね?そうやってこないだ、ブルーサルビアやっちゃったんだもん。


サルビア、モナルダ、ガウラ、は数週間前に切り戻しをしてるので、今回はパス。今、ほとんど花がない状態でした。



c0096287_12305385.jpeg
1か月くらいまえに切り戻した宿根ロベリア(赤)とフロックス(白)は、本来と違うカタチですが、二番花が咲いています。



c0096287_12181055.jpeg

マリーゴールドは今、よく咲いてるので、 花がら摘みにしておいて、もうしばらくしてから切り戻ししてみよう。
ケイトウはだんだん色あせてきたから、もう少ししたらバッサリ切り戻ししよう。

と、

あれこれやってるけど、

実は毎年、夏の間になにが大切か、って、聡明な皆様方は薄々気づいてると思うんですが、

草取り、ですよね?

花たちが草に埋もれないように、

これが夏の一番の大仕事。

ですよね?

嗚呼。現実。

でも。去年あまりの暑さに放置して
来年からは夏は諦める!と決心したものの、今年のわたしは今までのわたしじゃないの。
相当頑張ってるから、人から見れば 全然足りてないけど、わたしは満足してるの。自分の頑張りに。

でも、今日わたしのやった仕事は切り戻しではなく、花がら摘みだったんじゃないか、ってことは言いっこなしです。



長い前置きから最後まで読みましたよ、の優しいワンクリックをお願いします^_^



庭・花壇づくりランキングへ
[PR]
by kottaiai | 2016-07-25 22:04 | GARDENING
c0096287_15230656.jpeg
この夏2回目のホタテアオイ。一緒に咲くなんて なんて仲良しさんなんだ。涼やかだわ〜。

娘が明日まで小学校で午前中補習があるので、なんかペースが狂いがち。庭に出るだけなんだけど、身動きとりにくいわー。

先日買った野鳥の会ブーツ。
先日、庭仕事でフラフラになって、昼から西日までガンガンに当たる和室のところに脱いでたら・・・(実は2日連続の愚行)

c0096287_18523429.jpeg

あらま。変色してしまいました!
ブーツの箱に、折り曲げて履くこともできますが、変色するため 気にする方はお控えください、って書いてたけど、こんなに早く変色するとは!
ま、わたしは庭で履くだけだから、ま、いっか!で終わるけど、ネットのコマーシャルに アウトドアに!フェスに!って書いてあったから、そんなオシャレさんはお気をつけくださいね!

平気なふりして、実は凹んでるわたしに同情のワンクリックをお願いしまーす・・、


庭・花壇づくりランキングへ
[PR]
by kottaiai | 2016-07-25 15:22 | GARDENING

カツラの木

c0096287_12340169.jpeg

おや?!
雨上がりの庭、カツラの木の横を通ると あの焼き菓子の甘い香りが。落葉時期じゃなくても あの甘〜い匂いを漂わせるんです。この匂いを嗅ぐたび、あ〜植えてよかった!幸せ!って思う。

c0096287_12344451.jpeg
玄関前のカツラの木

カツラの木のあの甘い匂いは 植える場所が合ってないと匂わない、って 本で読んだ気が。

c0096287_12352455.jpeg
うら庭のカツラの木

そういえば、お正月に移植したカツラの木は 葉っぱがやたら大きいし、匂いもしなかった。移植した今、すくすくと育っているものの、やっぱり葉っぱはでっかいのが生えてるわ。盛り土した水はけがいいところに植えたので、カツラにしては、水気のないところに植えてるから、夏の間、水切れに注意しなくては。カツラの木は、渓流脇に自生してるそうです。水分が好きなんですね。

それにしても、玄関前と裏庭のカツラの木の印象の違い。
玄関前は家を建てるとき、業者さんと一緒に選んだ素性のハッキリ?したもの。
裏庭のは ホームセンターで購入した苗。
ものが違うのか、環境の差なのかは謎ですが、カツラの木は 玄関前が正解(?)ですよね。葉っぱの繊細さが とてもカツラらしい。
が、2年前、飛び込みの植木屋さんに剪定してもらって大失敗!カツラらしい樹形を失ってしまったので、来年までほっといて、来年、信用のおける剪定をしてもらう予定です。

花苗に比べて気を使うことは少ないものの、存在感、インパクト、値段! そう簡単に失うことはできない 大切な彼らなので、大切に育てて、最大限にパフォーマンスしてもらわなくてはね!

我が家のシンボルツリーのひとつ、カツラの木の話でした!
最後まで読んで頂いてありがとうございます!
応援クリックをよろしくお願いします(^○^)


庭・花壇づくりランキングへ
[PR]
by kottaiai | 2016-07-24 12:07 | GARDENING

小道、拡張中

c0096287_10410326.jpeg
見て見て!
自然の不思議。自然の偉大。まるで宇宙。
まん丸のなかに規則正しく種が整列。思わず見入ってしまいます。コンパスや定規を使わなくてこんな完璧な形ができるなんて!わたしだったら、使ってもできねぇ!


この夏、誰がなんと言おうとわたしは私史上最強の庭仕事をしている!している!

c0096287_10465554.jpeg
庭西側、将来森にするエリアに続く小道を拡張中。6月に植えた黄金マサキを門柱に小道を作るのです、


c0096287_22185858.jpeg
春はジギタリスやアリウムが咲いていたこの道(お気に入りの写真、度々登場)

c0096287_14215267.jpeg

今は苗、という言葉がぴったりなコらが成長中、出番待ちのエリア。ジニアを植えています。ここの前を通って、

c0096287_14195803.jpeg

将来の森に続く小道を作るべく!朝!夕!(昼除く) 草を抜いては!這いつくばって!防草シートを敷き詰め!道を確保!!
とにかく!草むしりの手間を減らすのだ!!

c0096287_18000847.jpeg
この部分に合流するように拡げました!隊長っ!

c0096287_10554357.jpeg

c0096287_10560178.jpeg

まわりの草が多くて、全体の境目がわからないのが残念σ(^_^;) いつ決着がつくのかもわかんない。
庭のイメージとしては、ベニシアさんのような飾り気のないナチュラルなイメージを目指していますが、上野砂由紀さんの折り重なるような景色も取り入れたい。
あの折り重なる景色には小道の存在は絶対必要で、プラス土地の高低差も欲しいところ。
とりあえず今は、花壇にする場所と通路になるところの住み分け作業が 最近の主な仕事です。この炎天下に。絶対時期間違ってる。笑

そんな修行のような、拷問のような日々を過ごしていますが、そんな時、一番安らぎを与えてくれるのが、植物の成長。

c0096287_11080231.jpeg
ミゼット パープルマジェスティーの穂が上がり始めてますよ!これが昨日の朝9時

c0096287_14245274.jpeg

今日の昼3時 もう、こんなになっちゃって。
70代の母に言わせると
『この枯れたようなトウモロコシ』だそうですが。銅葉は年配のご婦人の心の琴線をかき鳴らすことはできないようで。

蕾もあちこちでつき始めてますが、そこは勇気をもって摘芯。去年までは 花が見たい一心で 蕾を摘むなんてできなかったけど、今年は秋を見越して 勇気ある撤退?ができるようになった。今年の秋はこんもりした株にたくさんの花が見れるはず!

こんなに、わたしを夢中にさせてくれる庭って、本当にすごい存在です。


草だらけの我が家に応援ありがとうございます!励みになります(^○^)





[PR]
by kottaiai | 2016-07-23 10:40 | GARDENING

我が家のツル植物・夏

夏休みが始まりました。昨日は午前中、学校があったので、わたしもいつものペースでしたが、今日みたいにラジオ体操から帰ってきて、ソファで10時まで寝られると、わたしまで出鼻をくじかれた感じで やる気出ませーん!

夏休みはこれから。始まったばかり。

c0096287_11522808.jpeg
スプリットペダル (サカタのタネ)

ツル植物は夏らしくていいですね。空間が出来るから涼しげに感じるし、動きがあって躍動感があります。

c0096287_11545771.jpeg

スプリットペダルが昨日からたくさん咲き始めました。くしゅくしゅとした花形、
c0096287_15195851.jpeg
くすみのないピンクが爽やかな変わりアサガオです。



おおきなハートの葉っぱがかわいい!花が咲く前も楽しめます。



こちらは
c0096287_12044990.jpeg
沖縄スズメウリ
今、びっくりボールくらいの緑の実ができています。かわいい!

c0096287_12063100.jpeg
2株しか植えなかったのが原因の大部分ですが、摘芯がうまくできなくて、この通りスッカスカ!緑のカーテンにはほど遠かった。とほほ。
ツル植物は株数と摘芯が命です。

ツルではないけど、

c0096287_12081079.jpeg
ルリマツリ。
まったくの放置です。これをちゃんと支えに結んであげるとよいのだけど、毎年出遅れてしまって。
今年は先日のプリベットの剪定の時に、プリベットに結わえつけました。
横に宿根しているランタナの黄色が咲くと、とてもかわいい空間です。



c0096287_15162859.jpg

グリーンカーテンにうってつけは やはりゴーヤでしょう!
葉っぱの形も色も涼し気だし、実もできる(できすぎる)
今年は白いゴーヤを植えてみたので、色もかわいいです。白ゴーヤは苦味が控えめです。

みんなが好きなツル植物のお話でした!

励みになります(^○^)
応援のクリックをお願いしまーす!


庭・花壇づくりランキングへ
[PR]
by kottaiai | 2016-07-22 11:45 | GARDENING

三井ホームスパニッシュフレスコ風2007年12月入居。1000㎡の敷地を楽園に開拓中!


by kottaiai
カレンダー