<   2006年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

日曜日は週に一度の打ち合わせ♪

今回は1時からの予定だったものの こちらのアクシデント?で2時からに変更してしまった。
まず、前回仮決めしたドアノブやドアの現物をみたりして 1Fのブラウンのドアにはつや消しのゴールド、握ったかんじがしっくりくる ほかのものよりちょっと大き目のものにした。
2Fは白いドアなので つや消しシルバーのドアノブに。

その後、バスタブきめ。
ああ、ヤマオさん、迷ってますよー。
ワタシは ダリア嬢がちょこんと座れるように 半身浴ができるような段差があるバスタブがいいんじゃなかと 思っていた。実家もそれなので なじみがあるのだ。それに そんなにバカでかくないから 節水になるんじゃないかな~。
だけど、ヤマオは 足が伸ばしたいらしい。私はぐーんとのばすより、あの段差に足をひっかけて 「やや体育座り系」がなんとなく落ち着くのだ。貧乏性?
結局、足も伸ばせて ダリア嬢もちょこんと座れる 斜め横に段差、やや斜めに足を延ばせるという 二人がケンカしない形に落ち着いた。

お風呂の壁は 前回完成見学会で見た一枚バーンとはってるのじゃなく タイル風?に張られたタイプにした。
カタログだけじゃ きっと選ばないものだけど(ぜんぜんよく見えない)、前回実物を見た時「お?これって 高級にみえるわん~」と 心に残っていたのだ。
やっぱり、実物をみる、って大切ですね。

そして、シャワーヘッド。うーむ。一も二もなく、メタルのものに決まるはずだったが、手元でボタンひとつで止めれる機能がない。その機能があるものは 白いプラスチック?製。やだよ、やだよ。
でも、ヤマオは 今もそのタイプだし、以前友達から浄水機能?のついた シャワーヘッドをもらって使ったとき 結局不便で それまで使ってたボタンのついたのに変えたじゃねーか、という。
えー ワタシは機能よりカッコが大切なんだよー。シャワーがプラスチックなら もう、壁も一枚パネルのに変更だよ。お風呂なんて どーでもいいよ!と、極端なのである。ワタシの性格は。
っていうか、ひとつの物の中で ここはこれだけがんばってるけど ここはそうでもない、という トータルコーディネートが完成しないのが ワタシは嫌いなんだ。
シャワーがそれなら お風呂全体「そこそこ」で結構ですわ。
よく考えれば もともと お風呂は別にこだわりがなく、どうでもよかったことを 今 思い出しました。
結局保留。

トイレ。
ずっと前から INAXのサティスに ワタシの中では決めていたが TOTOの方が安く入るし、家の雰囲気を考えると TOTOの方があってますよ、とT氏はいう。
なるほど、サティスのほうが ちょっととんがってる(下部分)。ちょっと攻撃的に見えるのだ。なるほどわたしが好んだはずだ。
TOTOのほうが ちょっと「ころん」としていて 温かみ(便器に温かみだとぉ~?)がある。
そうね、この家のコンセプトは「田舎家のあたたかみ」だったわ!(え?そうだったの?)
便座の自動開閉はなし。ウォシュレットは1,2階とも付けることにした。

洗面所。
バーンとホテルみたいな洗面所にしたかった。二人が並んで使える広さにしたかったので
当初横に設置するはずの収納棚は なくすことにした。吉とでるか凶とでるか、この決断。
ヤマオは 金額のことで ついこの間まで ごねてたくせに「大理石が・・・」とかのたまってる。何考えてるんだろう、このオトコは。
ワタシはだいたい 大理石の模様というのが ピンとこないので なんの興味もない。でも、今までみているのは「大理石風」なので 本物がどんなものかは興味はあるが、結局かわんないのかな??
人工大理石よりは 木のほうが よっぽどいいと思うけど。

床。
本格的には話してないが、キッチンの床を ホントは「石」にしたいワタシ。
でも立ち仕事に足元が石というのは どれだけツライか ワタシはわかっている。
うーんうーん。
コルクはどうかなー。
見せてもらうと ぱっと見てコルクとわかる色味のものより、うずら豆っぽい感じのクリーム系と黒っぽい2種類が いい感じだった。
ムク床より 高価らしいが!!!キッチンだもの、その価値は絶対ある!!もう 決まりだね!!(今勝手に決める)

途中 ワタシはお兄ちゃんたちのお迎えに抜ける。
戻ってきたとき 玄関ドアの現物を見ながら和気藹々としているヤマオとT氏。
250センチの木製ドアの前でご満悦のヤマオ。あ、それワタシもご満悦。
それそれ!!
それにしたのである。

一通り打ち合わせが終わってから やっぱり予算オーバーだから 削りましょう、という会話が発生しないことを祈るのみ。

打ち合わせが終わったとき 外は真っ暗だった。
[PR]
by kottaiai | 2006-11-29 10:46 | 打ち合わせ

ドア決め

1週間に一回の打ち合わせ。

の その前に 近所の団地にできた 完成見学会を見に行った。
レゾンテをモチーフにできた その家はとってもモダンに仕上がっていた。
私たちが一番気にいったのは 外壁。私たちがこれにしよう!と 決めている
MGクレイ、テール仕上げ。やっぱいいわー!!絶対まちがいないね!!
以前、ほかの完成見学会で MGクレイ仕上げを見たが そこは色がイエロー系でウェーブ仕上げ(っていうんだっけ?なみなみの、)は 私たちの好みではなかったので やっぱり、汚れは目立つかも知れないが 絶対白っぽくする!!
というか、MGクレイって、汚れがつきにくいのが売りなんよね???
完成見学会は 自分たちの好みと違っていてもとても参考になる。「三井」のは。

その後、東京国際でQチャンがどうなったか 気になりつつ 打ち合わせの事務所へ向かう。

最初に前回できたパース画から 変更のパース画を見せてもらう。
玄関上の部分だけが違うのだけど、とっても迷うところ。
まだ 迷う時間はあるらしいので ゆっくり迷うことにする。

そして 展開図、平面図を見ながら ドアの打ち合わせ。
どのドアにするか。
そんな迷うほどないのだけど、やっぱりヤマオとワタシの意見が分かれた。
「迷うなあ~~~う~~~ん。」
「・・・・・いや、ヤマオさん、このくらいで迷ってたら あとどうするんですか。」
営業T氏はつぶやいた。同感。
結局、ワタシが選んだほうに決まった。

ワタシとしては 出来る範囲で ドアは引き戸にしたい。とくに 洗面所(お風呂入り口も兼ねる)は 引き戸にしたい。何かと 洗面所や水場での仕事が多いワタシとしては 普段は開けっ放しにしておきたいのだ。
ましてや その部分は ドアにすると開けっ放しにしておくと 隣奥の和室の入り口部分に邪魔になる。
でも、引き戸にすると、袋ドア(だったっけかな?)にするため、洗面所の面積が10センチほど 狭くなる、ドアが 袋のなかにすっぽりはまってしまうため 開け閉めが ちょっと面倒になるなど デメリットもあり。残念なことに 開け方も 都合がいいのと反対になってしまう。
でも、多分引き戸にするだろうなあ、わたし。
あと、トイレは 消音ドアにする、一階だけ。玄関に少し近いので 聞こえはしないだろうけど、一応しておこう、ということで。
この消音ドア、というのは ドアが 音姫みたいに 「ザーーー」っと音がでるのでは決してなく、ロックをするとドアと床の隙間部分にゴム付きの遮音材が飛び出して 隙間をふさぐ。正しくは「遮音ドア」という。わざと消音ドアと言ってみた。わざと言うな。
ちょっと前に 日経新聞土曜日版に載っていたので チェックしてたのだ。
が、家族はわざわざドアをロックしてトイレするのかな?ワタシはせんし。自分の家じゃ。
ということで 多くは お客様のための設備となること受けあい。

1階部分は ドアの色は チェリー、2階部分は 白にすることにした。
主寝室は 本当はチェリーのドアにしたかったのだが 子ども部屋の壁紙などを 遊びたかったので ドアを白に、そして 色を好きな色にしようと思う。
結局、ワタシは ダリア嬢の部屋を 自分の部屋のように考えていて そこにワタシ好みを投入しようと たくらんでいる。
オシャレなお部屋にするもんね♪

途中、お兄ちゃんたちの習い事のお迎えで 抜けつつも みっちり今回は話せた。ダリア嬢がとってもおりこうさんだったから!
ポテトチップス床にまいて遊んてたから!わりーよー。

その他、寝室の天井を傾斜をつける話を 前にしていたが 構造上無理とのこと。ガク。
ということで 「じゃあ、ダリアの部屋だけ 傾斜をつけます。」キッパリワタシ発言。
これは ダリア嬢が大きくなったとき そういうだろう言葉を ワタシがイタコのごとく 代弁しているのじゃ。
ダリアの部屋は フランス人のかわいい女の子が住む部屋にするからね~~絶対するからね!!

文章にすれば 1時間もあれば 済むような話を延々4時間。
多分 この三井において 我が家ほど(ヤマオほど、が正しい)話し込む施主はいないはず。
いったじゃんわたし、契約の頃T氏に。
「地獄をみますよ。」
ワタシはわざと笑いながらいったけど、今頃T氏、なみだ目で おもいだしてるだろうな。

帰り際 T氏は「来週1時でもいいですか?」
いつもより1時間時間を早めてきやがった!!いいですよ~みっちり話しましょう。
終わりの時間が今までどおりだと笑える。
[PR]
by kottaiai | 2006-11-20 09:52 | 打ち合わせ

Dハウス編

あらーーー
もうすぐ終わり、ってほど 書き込んだのが 一瞬にして消えてしまったわ!!
ちょっとDハウスの悪口書きすぎたかな?笑

とにかく、しつこすぎ!!!

もう、さっき散々書いたからもう書かない。おわり!!
[PR]
by kottaiai | 2006-11-17 14:03 | 契約しなかった理由

パース画と展開図

昨日は2週間ぶりの打ち合わせだった。
前回、今回の打ち合わせは 床を決める、と聞いていたが
まず、パース画が出来上がったので 見せてもらった。

玄関部分の屋根をどうするか、で迷っている我が家。
ベースは 三井のフレスコタイプ(だったっけ?)だったが 経費削減(約50万)のため、
また、営業T氏曰く フレスコタイプのまわりぐるりの水平ラインにするより
屋根をつけたほうが いいでねえか、ということで とりあえず 玄関上に屋根をつける形で
パース画をつくってもらった。

出来上がりをみて 沈黙せんようにしょうな、と夫婦で話し合ったにもかかわらず
見た瞬間
「・・・・・・・・・・・・・・」
黙ってしまった。

というのも モノトーンで描かれたそのパース画は どうも「和風チック」にみえて
なんだか わたしたちのイメージとはまったく違ったものに見えてしまったのだ。
壁はMGクレイ、屋根瓦は展示場と同じものを使うことを決めているんだから どう転んだって 和風にはみえまい、と思っても 思っても 和風にみえてしまうのだ。困った。
この雰囲気をなんとか 断ち切らなければ!!と 思ってなにか発言しても発言しても
言葉は上滑りし テーブルのあちらとこちらで 気まずい雰囲気が漂う・・・・。ああ。

もう、何を言ったところで どうにもならないので、と多分T氏は思ったのだろう、
いつの間にか 展開図の説明に突入していた。(というのも わたしは ダリア嬢の御付人で そこにずっといれないのだあ!)
まるで 講義を受けるがごとく、「ここはこうだから こうなってます」と懇切丁寧な説明をうけ、お互いの誤解がないように 確認作業は続いた。

で、もう、ダリア嬢も限界、お兄ちゃんたちも習い事が終わり 迎えに行かなければならない時間に。
そこで 残念なお知らせが。
なぬうう~~?残念なお知らせ???

まずひとつは 応募した「ディズニーランド宿泊券」はずれました。
あんなにT氏、「いや、うちは よく当たるんですよ。きっと大丈夫です」と言っていたのに。
多分 契約前後 値段のことで ヤマオがいろいろとゴネたことが原因だろう?!

そして もうひとつ、
地盤調査をしたところ 三井の数値でいえば ぎりぎりセーフだけど、やっぱり心配があるので
通常30センチピッチでいれる 基礎の鉄筋?を20センチ、場所によっては10センチ間隔で入れるらしい。
で、予算がまた・・・・・プラスされ・・・・・・ありゃりゃ。
たとえば 地下室は 断念しなければいけない土地らしい。
あーあー。

と、久しぶりの打ち合わせにもかかわらず 例のごとく ヤマオは自分ペースで延々話してるし、わたしは ダリア嬢追い掛け回して 話なんてロクにきけないし、
ディズニーランドは夢に終わったし 地盤はまた金がかかるし。
なにより パース画が;;;;;;

次回 50万プラスになる 水平ラインの形で パース画をまた作ってくれるということでした。

ああ、次回は楽しい打ち合わせになりますように・・・・。
[PR]
by kottaiai | 2006-11-13 16:17
たった今 ○○工業(地場工務店)から電話があった。

ここは 家を建てることを決めたとき、主人、ヤマオが一番最初に興味を持ったところだった。
というのも たびたび新聞の一面下に 本のコマーシャルがのっている
「いい家が欲しい」のソーラーサーキットの家を建てる会社だったから。

理論理屈データー討論話し好きなヤマオにとって この「いい家が欲しい」の本との出会いは 
ちょっと人生に一石を投じるほどの 刺激があったかもしれない。
この本は ソーラーサーキットの工法そのものよりも 「家を建てる」ということを 心底まじめに向かい合うことを考えましょう、と こちらに投げかけた本だった。
結局 色々なサイトをみたり、本を読んだり 夫婦で話し合ったり いろんなメーカーの営業マンの意見を聞いたりした結果、我が家がソーラーサーキットに行き着くことはなかったが とてもいい勉強にもなったし、ここのおかげで ツーバイ工法を選んだともいえるかもしれない。

で、この工務店の営業Aさんは とってもいい人だった。
いつも真剣で 一生懸命にやってくれた。
我が家が 三井にプランをお願いする前に Tというメーカーと3月に仮契約をしたときも「おめでとうございます。家を建てるのは 本当に大変な作業ですが Tさん(我が家)なら きっとすばらしい家がたちますよ。」と言ってくれた。
 結局Tというメーカーともうまくいかなかった我が家だが そのとき心の隙間をうめるように たまたままた家に顔を見せにAさんは寄ってきたのだった。
 でも、残念なことに その頃 とても ヤマオの仕事が忙しく そのソーラーサーキットの家に体験宿泊もできなかったし 主人がAさんと 再び話す機会はないままだった。

 でも、なぜ ○○工業と 契約にこぎつけなかったというと 地場企業にありがちの「提案不足」だった。あとはソーラーサーキットならではの 値段の高さ。

 値段は多分三井と同じ位になるのに 見栄えは 私たちの希望とかけはなれていた。
 今後 もっとイメージや間取りに色々なパターンが可能にならなければ ソーラーサーキットが多数の人に支持されることは ないと思う。残念だけど。

 でも、私たちが なにも勉強もせず、「いい家がほしい」の本を鵜呑みにしていたら ソーラーサーキットで建てていたかもしれない。
 結局 そのあたりの 人との出会い、会話、時間、その他もろもろが重なって「縁」というものが 生まれてくるんじゃなかろうか。
[PR]
by kottaiai | 2006-11-01 17:15 | 契約しなかった理由

三井ホームスパニッシュフレスコ風2007年12月入居。1000㎡の敷地を楽園に開拓中!


by kottaiai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30