カテゴリ:契約しなかった理由( 5 )

梅図かずおは住林なのね。
[PR]
by kottaiai | 2007-08-02 23:00 | 契約しなかった理由
あー。ついにこの日がきたよ。
契約しなかったシリーズ、第・・・何弾?赤いシリーズに匹敵する悲しさだよ。
完結編をお送りします。

もちろんトリを務めるのは 内契約しながらも 反故にされたTくんです。
そもそも彼とは曲がりなりにも契りをかわした仲。
ここですべてをさらけだすのは ワタシの女が下がるというものだ。

でも、いっちゃうもんね。

まー色々あったんですけどね、
一番言いたいのは 彼、妻帯者だったんですっ!!
かわいい子どもまでいたんですっ!!

そのTくんちの お宅拝見ツアーみたいのがあって 参加したときに
ワタシが このこと質問しよ~ ここはどうなってんのかしら?と
アタマの中は 新しいおうちのことでいっぱいだったときに なんと彼は

自分のケータイを取り出して!!

待ち受け画面の!!

息子の写真を!!!!

ワタシにみせたんです!!!!!

「いい笑顔でしょ?」って!!!!!!

こんな営業マンのいる会社にだれが 任せられます??

ほかにもいろいろ あったんですけどね、Tくんとは。
でも、これが一番みんなに聞いて欲しい理由かな。
[PR]
by kottaiai | 2007-04-12 14:32 | 契約しなかった理由

契約した理由

我が家のコレまでの家を建てるまでの歴史をさかのぼると3年になるだろうか。
といっても まだ建て始めてもいないのが悲しいが。
本格的に三井との出会いは1年前。
そもそも我が家は去年の3月末に ほかの会社と内契約していた。
が、ココとなんとなく相性が悪いというか しっくりこない、というか、任せられないと思い、
そこからまた どこにお願いするかジプシーとなったのである。

で、三井とご縁が会って今にいたったのであるが。

去年の夏ごろは それはそれはたくさんの会社からオファーの嵐。
毎日チャイムが鳴るとうんざりしていた。なんで断っても断ってもくんねん。
あれほどのオファーは独身のコロを思い出したものだが ワタシはいまや人妻。
いくら魅力的な甘い言葉をはかれても ダメなものはダメ。無理なものは無理なのよ。
で、
そのとき 断った会社がほとんどだったのだが、担当が替わったか、ただただ闇雲にDMを送るのが会社の方針なのか知る由もないが、今でも マメにDMを送ってくる会社が3社ある。

そのうちの1社が ワタシが長男をスイミングに連れて行っている間に訪問してきたらしい。
次男が封筒を預かっていた。
そして 夕方、ワタシがディナーを作っているクソ忙しいときに 電話が鳴った。
のんきな声で「○○ホームですがぁ~」
で、モチロンお断りした。独身時代のように、優しく、なるべく傷つけないように。

「どなたかお付き合いしてる方がいらしゃるんですか?」
「ええ、アナタも知ってる三井くんなの。」
「あいつか・・・・どいつもこいつも三井かよ!!あいつのどこが決め手だったんだ?!やっぱり提案力かっ?!」

「いえ、気密です。」

「は?」

「あ、うちね、ダンナが気密にこだわって。」

「はあ・・・じゃあ、ほかに検討したところなどは?」

「あーツーバイの会社ですね。あとSCかな。」

ということで 在来工法の会社を優しく傷つけずにお断りしたのだ。
独身時代のキャリアがモノをいったわ。

この話を帰ってきたヤマオにすると

「バカッ!気密とチムニーだろうが、決め手はっ!!」

はっ!!そうだった。
我が家、チムニーつけるんです~~~!!
チムニーって 煙突なんですけどね、(ヤマオはしょっちゅう「屋根のアレ、アレ」という。)
費用対効果でいうと 我が家最強アイテムなのです。
アレっておいくらだと思います?
あえて言わないけど あの値段で三井らしさ満載できる つける価値ありです。

ダリア嬢にも「あそこからサンタサン来るのよ!」って言っちゃう!
ついでにわたしにもサンタサンくるかも!!

ってか、チムニーのついた家に住むようになろうとは 夢にも思っていませんでした。
ヤマオなんてとくに。あのおっさん。
[PR]
by kottaiai | 2007-04-11 19:48 | 契約しなかった理由

Dハウス編

あらーーー
もうすぐ終わり、ってほど 書き込んだのが 一瞬にして消えてしまったわ!!
ちょっとDハウスの悪口書きすぎたかな?笑

とにかく、しつこすぎ!!!

もう、さっき散々書いたからもう書かない。おわり!!
[PR]
by kottaiai | 2006-11-17 14:03 | 契約しなかった理由
たった今 ○○工業(地場工務店)から電話があった。

ここは 家を建てることを決めたとき、主人、ヤマオが一番最初に興味を持ったところだった。
というのも たびたび新聞の一面下に 本のコマーシャルがのっている
「いい家が欲しい」のソーラーサーキットの家を建てる会社だったから。

理論理屈データー討論話し好きなヤマオにとって この「いい家が欲しい」の本との出会いは 
ちょっと人生に一石を投じるほどの 刺激があったかもしれない。
この本は ソーラーサーキットの工法そのものよりも 「家を建てる」ということを 心底まじめに向かい合うことを考えましょう、と こちらに投げかけた本だった。
結局 色々なサイトをみたり、本を読んだり 夫婦で話し合ったり いろんなメーカーの営業マンの意見を聞いたりした結果、我が家がソーラーサーキットに行き着くことはなかったが とてもいい勉強にもなったし、ここのおかげで ツーバイ工法を選んだともいえるかもしれない。

で、この工務店の営業Aさんは とってもいい人だった。
いつも真剣で 一生懸命にやってくれた。
我が家が 三井にプランをお願いする前に Tというメーカーと3月に仮契約をしたときも「おめでとうございます。家を建てるのは 本当に大変な作業ですが Tさん(我が家)なら きっとすばらしい家がたちますよ。」と言ってくれた。
 結局Tというメーカーともうまくいかなかった我が家だが そのとき心の隙間をうめるように たまたままた家に顔を見せにAさんは寄ってきたのだった。
 でも、残念なことに その頃 とても ヤマオの仕事が忙しく そのソーラーサーキットの家に体験宿泊もできなかったし 主人がAさんと 再び話す機会はないままだった。

 でも、なぜ ○○工業と 契約にこぎつけなかったというと 地場企業にありがちの「提案不足」だった。あとはソーラーサーキットならではの 値段の高さ。

 値段は多分三井と同じ位になるのに 見栄えは 私たちの希望とかけはなれていた。
 今後 もっとイメージや間取りに色々なパターンが可能にならなければ ソーラーサーキットが多数の人に支持されることは ないと思う。残念だけど。

 でも、私たちが なにも勉強もせず、「いい家がほしい」の本を鵜呑みにしていたら ソーラーサーキットで建てていたかもしれない。
 結局 そのあたりの 人との出会い、会話、時間、その他もろもろが重なって「縁」というものが 生まれてくるんじゃなかろうか。
[PR]
by kottaiai | 2006-11-01 17:15 | 契約しなかった理由

三井ホームスパニッシュフレスコ風2007年12月入居。1000㎡の敷地を楽園に開拓中!


by kottaiai
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30