カテゴリ:上棟( 5 )

着工45日目

現場監督A氏から久しぶりにメールが。

お世話になります。
梅雨の一休みでしょうか、久しぶりに晴れまして、大工さんの外部工事作業中と平行しまして左官さんによる外部フェルト貼り作業中ですの写真を送信させて頂きます。宜しくお願いします。三井○○

そして写真2枚
c0096287_15524860.jpg

c0096287_15545949.jpg


  ・・・・・・・気持ちは嬉しいが・・・・・・・・

これじゃなんのことやらわからないーーーーーっ!
天気がいいことしかわからないーーーーーっ!!
これでAさん職務遂行満足キッッーーーークふぁふぁふぁふぁふぁふぁ~~~

いやいやいやいやーこのAさん、ワタシが思うに絶対O型。くったくがない。
上棟打ち合わせのとき全館空調の話をしてたとき 
ヤマオが「クーラーの風が体に当たるとダメ」って言うと
「え?ぼくなんか、ばんばん強風で当たらんとだめですねー
夏なんか いつも氷食ってますよーはっはっはっ!!」と楽しそうだった。

と、マサヒロ特派員も 先ほど嬉しそうに電話をくれた。
屋根瓦は今日で終りそう。
壁にフェルトを貼っている。
電気はもう終ったんじゃないか。

こんなところだったでしょうか。
メールチェックして 写真が来ているか見てみる。 いろんな写真を送ってくれた中から2枚。
c0096287_16394097.jpg

c0096287_16395595.jpg

じゃじゃじゃじゃーーん、これがワタシの大好きな瓦でーす、ってどんな文章よ?
これで瓦ソバでもするんか?
MGクレイとこの瓦、これが絶対条件だったので 今後この瓦が三井では使われないと聞いて
よかったー使えて~~と 胸をなぜ下ろした。
写真で見ると 濃くみえるけど ほんとに大野城と一緒かな?違ったりして。
それでも誰もわからない、という 家作りのビミョーな話・・・・。

明日の天気はどんなだろう?晴れが続いて欲しいな。
[PR]
by kottaiai | 2007-06-21 16:06 | 上棟

着工44日目

何の変化もない、とワタシの両親が怒ってます。
ケータイメールでワタシにグチをよこす母、電話口でどうなってんだ、と怒り口調の父。
そんなことワタシに言われても・・・・。

というのも、現場は県内でも降水量の多い地域で 水不足とは無縁の地。
ワタシの住んでいるところは たいした雨は降っていないのに 
あちらは土砂降り、「車のワイパーが壊れかかった」(母)ほどの豪雨だったらしい。
どんだけ大げさやねん、母。
いつまでたっても終らぬ瓦作業に 業を煮やすワタシの両親。
「あれじゃあ 屋根と瓦の間にカビがはえるわ!!!」(母)
「なんで 毎日たった一人でやるんや!どうなっとんか聞いてみい!」
気持ちはありがたいが 大丈夫、とワタシも祈る。祈るのです、さあ、祈りましょう。

今日の作業は あまり人もいなかったようで 両親のイライラ?が募ったようだった。
自分のいえでもないのに そんなに親身になってもらって ありがたい。ような・・・・。笑
マサヒロ特派員など 今日は現場に行っていない。もちろん写真もなし。
どのくらい瓦がのってるか知りたいなあ~。

気分転換です。
パネルが飛んだ6月7日の写真。1Fが終わり2Fの床が終った昼の写真です。
c0096287_1937897.jpg

ああ、我が家もこんな頃がありました・・・・。
そして このころは 晴れ渡ってました。懐かしい。

我が家のお気に入りをアピールしたいと思います。
我が家は行き止まりがありません。
この写真で言うと 真ん中の階段を中心に右奥がダリア嬢の部屋、その隣(こっち側)が 主寝室、
その左にベランダ、その向こうが長男、長男の部屋を出ると 2Fの廊下で、トイレ、その横に洗面所、
その横の次男の部屋とダリア嬢の部屋を2F廊下(大げさにいえばホール)(いや、あれは誰がどうみても廊下)に面しています。
次男とダリア嬢の部屋はつながってはいませんが 2Fは行き止まりがなく 廊下と(ホールと笑)西側ベランダで つながっています。
1Fも 階段を中心に 北東の玄関から南回り?にシューズクロゼット、パントリー、キッチン、
ダイニング、リビング、和室、廊下にでて 洗面所(脱衣所)~お風呂、、トイレ、で玄関ホール、
で、ゴール!です。
リビングには ぶさいく?で目障りな和室に続くドアがつきますが
和室の有効利用のため、これでよかったと思います。
もう、お兄ちゃんたちは小学校高学年ですが きっと家中をダリア嬢とぐるぐる鬼ごっこすることでしょう。
[PR]
by kottaiai | 2007-06-20 19:48 | 上棟

着工

え~っと、何日目だ?さっき確認したのに もう忘れてる~~!
あ、43日目、ですね。
相変わらず変化なしの面白くない状態。
特派員の電話報告では 
 
・瓦のひとたちは 土砂降りのにわか雨にあって びしょぬれで退散したらしい。
 瓦は まだ仕上がっていない。
・パネル組みからいた大工さんは交代し、
 上棟打ち合わせのとき ワタシが現場監督から聞いた話からよると
 二組の(下請け?)大工さんが1Fと2Fを 別々に進めるらしい。
・今日は 1Fのみ?作業していたようで あと、電気の配線の人たちが。
 各4人づつ?
・電気の配線が終ると グラスウールを詰め、窓ガラスを本格?固定。
 そのあと ボードを貼って・・・・と、クロスまでは 限りなく遠い道のりのようだわ。
と、こんなカンジみたいです。

写真がないのは 寂しいので 土曜日に送られた写真を↓。きれい!
いったいコレはどこの部分んだろう?コレがわかりだしたらマニアですな。TVチャンピオンにでれる。
左側にみえる オレンジの部分は 我が家はスパニッシュなので 見えないところも
オレンジに塗ってもらいました。というのはウソで、防シロアリ薬です。
三井は よそと比べて かなり上のほうまで塗るそうです。
ヤマオの友達は 日曜日に家を見に行ったとき 防シロアリの薬がおいてあったので
勝手に上塗りしたそうです。気持ちはわかる。
c0096287_16483647.jpg

上棟のときに思ったのは ツーバイって、ホント丈夫そうだ!!っていうのと
規則正しくてきれい!!
規則正しい、っていうのは当たり前といえば当たり前だろうけど(じゃないと、欠陥住宅になりますね)
テキトー女のワタシからすると 美しく整列した木材と大工さんに最敬礼!!というカンジでした。
ツーバイ、というと 最初は「簡単なつくり」という なんだか 軽く見たような印象があったワタシでしたが
どう考えても すじかいで支えるより 丈夫だな、と思いました。

「木」にあふれ、在来工法より ずっと「木!」だわ!!と 思いました。
木の使用量は在来工法の1.3倍ということで とても頑丈にみえるし、
こんな塊の木には火事があっても そうかんたんには 火はうつらないな、という印象でした。
パネルは まだ 固定されてないとき風が吹いたとき おもわず支えたくなって 駆け寄りたくなるけど 
あれは500キロくらいあるからとても支えきれない、 潰されるんで 逃げないとダメです、って
現場監督さんが パネルが飛んでるときに言ってました。

と、見た目何も変わらないようなので 寂しいけど、そのときそのときの楽しみをみつけたいものです。
さあ、こういうときは なにか変更場所を探さなくては!?
 
[PR]
by kottaiai | 2007-06-19 17:04 | 上棟

着工42日目

華々しく?晴れがましい上棟打ち合わせが終わり 路頭に佇むワタシ・・・・。
ワタシはいったいナニをすればいいの?

この思いはマサヒロ特派員も同じようで 撮る写真がなく困っている模様。
たいして変わりばえしないようで グラスウールの山写真を送ってきた。
そこに山があるから登るのだ!いや、登っちゃいかん、詰めるのだ!!
c0096287_17171373.jpg


瓦の写真がないということは まだ瓦も終ってないようです。まだ半分も終ってないかも。
関東のほうは 梅雨入りしても晴天続きのようですが
九州は どんより曇りか小雨。毎朝かさの心配をしています。

この写真↓はキッチンです。
あら、この照明、かわいいじゃない!
この丸い照明のあたりにデカイレンジフードがきます。
c0096287_17202151.jpg

窓の面の壁の左の壁に くぼんだ部分、ここは はめ込み棚で 
スチームオーブンレンジ、トースター、炊飯器などを収めるので 一段ずつにコンセントをつけました。
最初は このスペースが 後ろのパントリーのスペースだったのを 壁を動かして
キッチン側に向けたので キッチンはその分広く、棚を置くとできるでこぼこがなくなるので
すっきりしました。その分、パントリーの棚が少なくなったのと
その向かい合う壁を ビビットな赤に白い小さなドットのクロスにしていたので 
一面赤!になるところに 棚を作らなくてはならなくなり ちょっと残念。
棚の左側が パントリーとの境、ドアなし。
パントリー(両サイドが棚)のそのまた裏側(後ろ)がシューズクロゼット。
小さな明かり取りの四角い窓は シューズクロゼットの窓です。

グラスウールや石膏ボードが張られる前は どれが耐震壁か はっきりわかりますね。
みなさん、くれぐれも 蹴り破ったりしないように。
[PR]
by kottaiai | 2007-06-18 17:27 | 上棟
6月15日 雨の中(といっても室内ですが~) 上棟打ち合わせがありました。

初めて入る我が家!ヤマオがこだわった(うちのひとつ、笑)玄関↓。
長くて高い玄関ドア、広い玄関。ヤマオも満足してた。よかったね、ヤマオ!
現場監督さんとIC Oさんのいる囲ったところが ニッチ、というか
一面エコカラット(だったと思う)をはって 上左右から照明をします。
c0096287_17304365.jpg


全体をみるでもなく、そうそうにお風呂の説明から。
お風呂の手すりを どこにするか、ということで バスタブのなかにバーはあるし
バスタブの上?に取り付けると お風呂の蓋を巻くときじゃまになるので
お風呂のドアをはいったところに 横向きにつけました。手すりにもなり、タオルバーにもなり。
その他、洗濯機の排水の位置を みんなで考えてくれたり ランドリーパイプの高さを考えたり。

そのまま隣のトイレ↓で トイレットペーパーの位置、手すりの位置、など。下地の確認。
どんどん油性マジックで書いていくのが面白い。
c0096287_17314153.jpg


その辺が終ると たしか、キッチン↓へ。
c0096287_17491272.jpg

(来るのが当たり前なんだけど)3月に会った福岡のTOYO KITCHENの男性がいたのでビックリした。スーツにスニーカー、ではなく、「運動靴」で。いやー正解正解。
壁にはワタシのキッチンの絵を貼って 床にはマジックで 原寸で書いていた。
c0096287_17322516.jpg

アイランドと流しの間隔(9500→9000に変更)、キッチンの高さ(9000→8800に変更)
レンジフードの高さ、アイランドのコンセント、TV穴?の位置確認など。
このとき あちらのリビングに 大勢の人が待機しているのが見えて
「迷っているばあいじゃないんらわ、アタシ、サクサクいかなくっちゃ~」とプレッシャーを感じる。

そして パイオニア↓、空調、電気(コンセント)、棚類、・・・・そんな感じだったでしょうか。
c0096287_17332770.jpg

気がつくと12時になって(3時間経過) 2時前にやっと終了しました。
結局5時間弱、かかりました~~~!

ニッチや本棚のことで かなり時間を費やしました。
ブルーノーズ、クセモノです。棚にするところは ブルーノーズのおかげで5センチくらい
棚の奥行きが削られることになります。
本棚や電子レンジのところなど 寸法を測って慎重に計画しました。
2Fトイレ↓の電気消し忘れが多いだろう、ということで センサーつきに変更。
狭いトイレなので もう、壁ができたら こういう写真の撮り方はできません。
c0096287_17345133.jpg

西側バルコニーのランドリーパイプの位置、主寝室の天井を一部高くする、
一番の懸案、リビングとダイニングのあいだのアーチの厚み↓(壁の横がアーチになります)
c0096287_17451936.jpg

その横のニッチの幅にかかわることなので これにはかなり迷いましたが アーチの厚みを優先して ニッチの形は
「何も考えのないサイズ」になりました。仕方がない。
などなどなどなど・・・・。
ほとんどのことが想定していたことなので スムーズに行ったと思います。

しかしまあ!なんと営業T氏の頼りがいのあることよ!!
でしゃばるわけでもなく、場を仕切り、言いにくいことも 業者さんにもIC Oさんにも、ワタシたちにもきっちり言ってくれる。
というのも 営業といいつつ、我が家の設計士さんなんだもんね。
そりゃ、譲れないところは多いだろう。

まだ室内の壁はできてなくて シースルーなぶんだけ 大きく感じられた我が家。
ワタシがデラックスマツコになっても大丈夫なくらい ゆっくり空間をとってもらった。
和室↓の広さにはビックリ。
区切りの板の向こう側がお縁。子どもに「お縁で○○しよう」というのが 私たち夫婦の夢でした。子ども時代のなごりかなあ。
c0096287_17381693.jpg


階段の空間↓も、もうこのまま使おうや、ってくらい 広々してた。
この空間に折れ階段が入ります。
この上にトップライトがつきますが 吹抜けは狭いので こんな開放感はなくなると思われる。
c0096287_17391593.jpg


1Fトイレ、洗面室(脱衣所)は ちょっと小さく感じた。もっと広々してると思ったんだけど。

子ども部屋は みんなそれぞれ 場所に特徴があって みんないい部屋になるな、って思った。
ダリア嬢↓ひとつ窓の向こうが ヌックのかたちのバルコニー。
c0096287_1740197.jpg

次男↓我が家の特等部屋!
c0096287_1740428.jpg

長男↓地味~なカンジだけど 南側←にベランダがあって そこはこもったカンジのステキな空間になりそう。ただし主寝室からも出ることができるベランダ。
この、窓は西側。北にも窓、南はベランダにでるドアがあるので とてもレイアウトし辛い部屋。
c0096287_17411566.jpg

主寝室の ちょっとしたくぼみのスペース↓が 広かったので 有効活用できるかも?!
このドアから出たベランダが 長男の部屋の南ドアから出れる2畳の広さのベランダ。
c0096287_17433988.jpg


2F洗面所↓この窓の間に鏡がきます。そしてスタルク、INAXのタイル。
c0096287_17463996.jpg

ヌック↓資材が置いてあって 入れませんでした。なんか・・・・変形?してるんだよなあ・・・・・
右がリビングへのアーチ、厚みにこだわり36センチの厚みの壁(アーチ)にしてもらう。
左がヌックに入るアーチ。厚みをとりすぎて 間の壁のニッチが幅20何センチのヘンなニッチに。
でも、厚み優先!!
c0096287_17474997.jpg


ああ、そういえば外構業者のKさんも来てくれたのに 雨で外に出れず
わざわざ来てもらわなくても いいような話を はるばるしに来てくれた。
予算オーバーは相変わらずだけど アイアンはほとんど希望通りにしてくれてました。
上棟打ち合わせも終ったことだし そろそろ本腰入れて 外構に取り組みたいと思います。

私たちが家を建てるにあたってかかわるクライマックスでしたね。
あとは 待つだけ、かな。

あ、それから 着工40日目は 「一番厳しい」検査(釘の数、打ち方など)が入り、緊張感がありました。(私たちが終るころ 始まってました。)
ベランダの防水処理にかわいいお兄ちゃんが来てました。雨がふっていたので 濡れない長男の部屋のベランダを作業してました。
なんで 家を作る青年はイケメンが多いんだろう。くそーー!なんで家が近所じゃなかったんだ!!!
[PR]
by kottaiai | 2007-06-16 06:28 | 上棟

三井ホームスパニッシュフレスコ風2007年12月入居。1000㎡の敷地を楽園に開拓中!


by kottaiai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30